ミストの雑記【主にモンスト】

スマホゲームのプレイ日記を書いたり ビーズやブロックで遊んだり

【第92回目】 クローンウォーズの感想を書いてみる ~プロ・クーン回~ 【シーズン1・2話】

~はじめに~

今回はクローンウォーズ シーズン1の2話

RISING MALEVOLENCE / マレボランス襲来

の感想を書いていこうと思います

 

※時系列順に書いています

前回はシーズン1の1話、ヨーダ回でした

 

mistkabu.hatenablog.com

 

 

~あらすじ~

分離主義者の秘密兵器に艦隊を破壊され、ジェダイ・マスターのプロ・クーンと部下のクローン・トルーパー数名は、過酷な宇宙空間に放り出される。アナキンとアソーカは、生存者を見つけることができるのか。

DVDボックスのエピソードガイドより

 

アナキン&アソーカ師弟の活躍第2弾(1つめは劇場版)、そしてマレボランス3部作の1つ目

冒頭の若本氏のナレーションは「信頼は選択ではなく信念である

 

 

~感想~

プロ・クーンの人徳とアナキン・アソーカコンビの活躍が見所な今回のエピソード

 

破壊された艦隊から脱出ポッドで逃れた4人*1は生き残るべく行動を開始

 諦めかけていたクローン達を励まし最後まで救出を待つプロさん

 他のエピソードにも出てくる彼ですがクローン・ウォーズで大きく株を上げた*2キャラの一人だと思います

先にEP3が作られたので仕方ないのですがオーダー66で多くのジェダイが散るのを知っていると悲しくなりますね・・・

 

 

そしてアナキンとアソーカ

執着を捨てなければならないジェダイ、たとえそれがマスターであっても例外ではないのでしょう・・・

ましてや補給作戦の最中ですし、戦力を割くわけにもいきません

それでも生き残っていることに賭けて救出を試みる2人のジェダイ、掟に縛られることなく自分の意思で行動する彼らは結構異端であり重要な存在になっていくんだろうなーと

ちなみにアソーカをジェダイ寺院に連れてきたのがプロさんなのです

 

アナキン:「ジェダイ評議会の命令に従うことと、どう実行するかは別の問題だ」

 

おまけに今回のクローン達

アーマーを付けていないのがコマンダー・ウォルフ

残りがシンカーとブースト

f:id:mistkabu:20161009181817p:plain

f:id:mistkabu:20161009181808p:plain

 

次回はマレボランス編2つめ

シーズン1・3話の感想を書いていこうと思います

 

 

 

STAR WARS 12インチフィギュア プロ・クーン

STAR WARS 12インチフィギュア プロ・クーン

 

 

 

*1:ウォルフ、シンカー、ブースト、プロ

*2:監督のお気に入りがプロさん